「戦場まんがシリーズ」名言・名セリフ集

Top>松本零士 名言・名セリフ集>>戦場まんがシリーズ


タグ松本零士 名言・名セリフ集, マンガ, , 戦場まんがシリーズ, ザ・コクピット


 
松本零士 名言・名セリフ集「戦場まんがシリーズ」

戦場まんがシリーズ  

この38式14年式が、俺にとっては最高の銃だ。
世界一と信じているんだ・・・
(中略)
もし、あんたらが外国の、もっといい銃や、いい戦車について知ってたんなら・・・
なんで、そんなのを相手に戦争をおっぱじめたんだ!?

「パイロットハンター」(『戦場まんがシリーズ①スタンレーの魔女』所収)

味方の戦闘機が落ちてきて死ぬなんて
そんなこと・・・
ちくしょう!!
無敵皇軍なんて言ってたのはどいつだい!!
くるならきてみろ赤トンボ!
なんて言ってたのはどいつだ!!
こんなことになるのに、
なんで、戦争をおっぱじめた!!

「成層圏戦闘機」(『戦場まんがシリーズ①スタンレーの魔女』所収)

人間が弾より速く走れるのは、映画だけだ。
味方の弾だけが当たって、敵の弾が滅多に当たらないのも映画だけだ。

島田軍曹「独立重機関銃隊」(『戦場まんがシリーズ①スタンレーの魔女』所収)

新式の九九式さえ全員にゆきわたらんうちに、
こんな大戦争はじめるなんて、バカかキチガイだ・・・・・・
わが国ゃーほろびるのう。

酒田英宗「鉄の墓標」(『戦場まんがシリーズ②鉄の墓標』所収)

この自動小銃を作った技師は・・・
こいつを持って、死んで腐っていく、
俺たちのことを考えてくれただろうか・・・
銃で撃たれ、血まみれになって死ぬ姿を考えただろうか・・・

野山二等兵「グリーン・スナイパー」(『戦場まんがシリーズ②鉄の墓標』所収)

バカ!!
わが日本軍は命令がないかぎり、
死んでも逃げたりはせんのだ・・・
百年でも二百年でも頑張るのだ!!

古代一等兵「鉄の竜騎兵」(『戦場まんがシリーズ②鉄の墓標』所収)

あはは、
われこそは正義の味方と
世界中が狂ってわめいとらあ!!

沖海一飛曹「音速雷撃隊」(『戦場まんがシリーズ③オーロラの牙』所収)

この戦争で死んだ世界中の若いのがあと三十年生きていたら・・・
みんな、いろんなことをやったろうになあ・・・
せっかく生まれてきたのに・・・

山岡中尉「音速雷撃隊」(『戦場まんがシリーズ③オーロラの牙』所収)

いま広島へ、B-29が原爆を投下したそうです・・・・・・

おれたちも、きちがいか・・・・・・
敵も味方も、みんなきちがいだ・・・・・・

桜花が被弾した米艦船「音速雷撃隊」(『戦場まんがシリーズ③オーロラの牙』所収)

後世の歴史家は言うだろう。
ヒトラーの命令のもと機械と化したドイツ兵は、
世界に血の嵐をまき起こして滅びた・・・とね。
その機械にも、心や夢があったことなど、
考えてみてもくれないだろう。

ウエルナー・レステルマイヤー中尉「幽霊軍団」(『戦場まんがシリーズ③オーロラの牙』所収)

もう人間の腕で飛行機をあやつる時代は
終わろうとしているのかもなあ、さびしいなあ森よ。
F6Fが大馬力のエンジンと数とで日本機を圧倒しているからなあ。

古田(階級不明)「流星北へ飛ぶ」(『戦場まんがシリーズ④わが青春のアルカディア』所収)

その日死んでいった若者が
だれとだれなのか
知る者はいない。
若者が行くはずだった未来が、
どれほど可能性にあふれていたか
だれも知らない・・・

「成層圏になくセミ」(『戦場まんがシリーズ④わが青春のアルカディア』所収)

おまえだって日本がこうなる片棒を担いだんだぞ。
おまえのような優秀な技術者がいるから、
安心して戦争を始めたんだぞ。
始めた以上、途中で逃げるな、弱音を吐くな!!

台場(階級不明)「衝撃降下90度」(『戦場まんがシリーズ⑤衝撃降下90度』所収)

まず、わが陸軍は精神力で飛ぼうとする。
わかるか?
そらがダメな場合は改めて大いに驚愕し、
ワメキちらし泣き叫んで機と運命を共にするのだ。
わかるか?

陸軍パイロット「晴天365日」(『戦場まんがシリーズ⑤衝撃降下90度』所収)

俺の先祖もそれを誇りにしていた。
俺の代でそれを台無しにしたくはない。
そのために死ぬなら本望だ。
騎士として戦うのが、男の戦いのやり方だ!!
それ以外の戦い方は俺にはない!!

ウエンザー大佐「双発の騎士」(『戦場まんがシリーズ⑥悪魔伝の七騎士』所収)

これ(核弾頭)を最初に人類の頭上に落とした者は・・・・・・
実戦に使った者は・・・・・・・・・・・・
悪魔に魂を売った、
血も涙もない鬼として人類の歴史に記憶されるでしょう、
永遠に・・・・・・

「成層圏気流」(『戦場まんがシリーズ⑥悪魔伝の七騎士』所収)

近代戦は、鬼にならなければ戦えない。
私は大ドイツ軍の1本のネジだ、1個の歯車だ。
歯車に心はないのだよ、大尉。

アルトラル大佐「夜のスツーカ」(『戦場まんがシリーズ⑦復讐を埋めた山』所収)

この戦場では、何より大勢の百姓が死ぬ。
学徒兵が死ぬといったって・・・・・・・・・
職業軍人が死ぬといったって・・・・・・・・・
死んでいく百姓の数に比べたら問題にならん。

近藤隊長「アクリルの棺」(『戦場まんがシリーズ⑦復讐を埋めた山』所収)

俺には飛行機の操縦席が・・・・・・
有機ガラスのカンオケに見えてきた・・・
カンオケだ、
値段の高い透明なカンオケだ。

四式戦闘機・近藤(階級不明)「アクリルの棺」(『戦場まんがシリーズ⑦復讐を埋めた山』所収)

イタリア人の字引には不可能の文字ばかりだ。
奴ら空気みたいな存在だ。
気にせん。

む・・・・・・
確かにスコッチだ
ジョニ黒のにおいだ。

大ドイツ空軍・ワインナー大尉「砂とスコッチ」(『戦場まんがシリーズ⑧勇者の雷鳴』所収)

「砂とスコッチ」(『戦場まんがシリーズ⑧勇者の雷鳴』所収)

世界一のウイスキーに
世界一のエンジン・・・
それが証明されたんだ、それでいい。
あいつらはみあげたジョンブルだ。
鉄の信念をもった男だった。
二人のためにカンパイしよう。

大ドイツ空軍・ワインナー大尉「砂とスコッチ」(『戦場まんがシリーズ⑧勇者の雷鳴』所収)

名人か?

歴戦の勇士やど。
なにしろボロ飛行機にでも精神力で乗る強者(つわもの)やねん。

精神力ちゅうのは恐ろしいもんやなあ。

日本陸軍のは特におとろしいのやねんど。

「夜の蜉蝣」(『戦場まんがシリーズ⑧勇者の雷鳴』所収)

艦隊司令の親戚の名士の息子だとさ。
選挙だとか、会社の経営だとか、なんやらかんやら
いろいろと影響があるんだけどさ、
財閥のせがれを死なせると・・・

普通の家のせがれは
何人死んでもいいのか。

「夜の蜉蝣」(『戦場まんがシリーズ⑧勇者の雷鳴』所収)

すり抜けてくる敵機の13ミリ一発食ろうたら
こっちはアカンのやど。
海軍も飛行機つくるやつも・・・・・・
どうして弾が当たることを考えてくれなんだのかなあ。

99式艦爆・山本(階級不明)「曳光弾回廊」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

エンジンは敵性語である、
発動機と言え発動機と・・・・・・
ジャングルは密林、
パンツはサルマタ。
ブラジャーは乳バンドだ
わかるか?

バンドも敵性語であります。

チチバンドではまずいか。
さればチチオビかのう。

「吸血鬼の花束」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

陸軍航空隊など海の上ではヘの役にもたたん。
飛んでゆく方向さえわからんのだ。

海軍がヘマばかりやるから、
どんだけの陸兵が絶海の孤島に取り残されて
苦しみながら死んでいったか考えてみろ。

「断層回路」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

戦争をはじめたのは陸軍だっ!!

パールハーバーに爆弾おっことしたのは海軍だワイ。
海軍は勝てる戦場でも負けた。
ミッドウェーでも
スリガオ海峡でも
負けたじゃんけ。

「断層回路」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

インパールはなんだ。
陸軍は負けんかったんか。

あれは補給が続かなかったから、
負けるべくして負けたんじゃ。
陸軍はミッドウェーみたいな勝てる戦いで負けたことはない
勝てるときは常に勝っちょる!!

「断層回路」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

ガダルカナルの陸軍は
弾と命の無駄遣いをして負けた。

海軍が制海権や制空権を失ったからじゃ。

「断層回路」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

陸軍がムチャクチャに進軍するからだ。
装備も悪い旧式のくせに。

大和武蔵に材料を取られて
陸軍は三八式に甘んじておったのじゃ。

「断層回路」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

大和を一隻ツブしゃ、戦車が千台も1万台もできた。

たとえタイガー戦車が1万台あっても、
それを運んでやる海軍の船がなかったら
ガダルカナルでは勝てなんだ。

「断層回路」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

船は山ほどあったのに、
海軍がドジふんだからじゃぞ。

陸軍は海軍が手を引いてやらにゃ
海の上を渡れなんだからだ。
それもできんでなぜ海の上で戦争した。

「断層回路」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

バカタレ、
海の上で方向が分かるのは鳥ぐらいのもんだ。
大体、陸軍は海でウロツクようにはできとらん。

空には星がマタタイとろーが、
星をみて航海するのは原始人だってやっとったぞ。

「断層回路」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

精神力だけで戦いに勝てるか。

バカ、やると決めたら
どこまでもやるのが男じゃワイ。

「断層回路」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

俺たちが負けるのは飛行機の性能じゃない・・・・・・
パイロットの腕だけでもない。
空母の数だけでも、ドジな作戦のせいだけでもない。
あの12.7ミリのせいだ・・・・・・
といっても誰も信じてはくれないなあ。

世井中尉「低伸弾道12.7」(『戦場まんがシリーズ⑨曳光弾回廊』所収)

関連ページ  


人気上位6ページ

今日の人気上位6ページ


ページトップボタン