マンガ/せ/聖凡人伝/奇想天外社/02巻


タグ:展示, マンガ, , 聖凡人伝, 奇想天外社, 1978(昭和53)年, 1971(昭和46)年


聖凡人伝 02巻  

画像 

巻頭カバー■新築なったアパート荘では、魔よけの封印のかいもなく、続々と首つりが起こり、出戻始の泣き笑いの人生は果てしもなく続く。そんなある日、早名礼子さんが入居してきた。そして、わけもわからないルームメイト・ナニカも・・・・・・。
■ペーソスあふれる筆致で描く、松本零士の青春大ロマン。愛蔵版第2弾!!
収録「聖凡人伝」02巻全編
初出1971(昭和46)年『漫画ゴラク』8月19日号
奥付■奇想天外コミックス■
聖凡人伝②
1978(昭和53)年12月10日 初版発行
巻末 ああ、酔いどれ天使!!   松本零士

 僕の友人はみな無敵の酒男児。
飲んで酔っぱらって、ブチあげるゴタクの素晴らしさは、筆舌につくし難く、想像を絶したこの世の楽園であるのです。
 僕は以前、酒が飲めませんでした。飲むといかなる仕組みなのか、左半身ジンマシン状態にふくらんで、かゆくてたまらんかったからでした。
 それがその・・・今から7、8年の昔、もはやこの世も終われとばかり飲み屋の酒とウイスキーを飲みました。側に美しい女性はおりませんでした。しかし、それでも背中に羽が生えたのです。
 人生観は、もろくも一変いたしました。酒を飲み、未来を語り、過去に泣き事をいい、各人各様勝手なゴタクを並べたて、天と地の間を浮遊するのです。痴漢になるわけでもない。大強盗さんになるわけでもない。羽の生えたる天使となって、この世にはばたくのです。
 皆さん勝手なことをいいあい、勝手な方へ食いブチを求めて、彷徨い歩く世の中が一番好きだと、酔うと思うのであります。憎むべき奴がいてこそ酒がうまく、いやがうえにも生きがいがあるのではありますまいかと、酔うと思うのであります。
 飲み屋もバーも、およそ酒の存在するところをすべて破壊しつくし、火を放ち灰となして清浄無垢、清らかなる世界を築いたならば、これこそ理想郷であろうと昔思っておりました。それはとんでもないことでした。

 -「聖凡人伝」(漫画ゴラク・コミックス 昭和48年3月15日発行)より転載-
著者松本零士
©LEIJI MATSUMOTO 1978
発行者千頭俊吉
印刷所サンビルド印刷株式会社
発行所株式会社奇想天外社
東京都新宿区赤城元町28
電話 (03)268-8617, 268-8653
振替口座 東京3-100293 郵便番号162
定価480円
備考
コラム